閉じる

famile

耐震住宅工法+アクアフォーム

パナソニック製品採用

夢を叶える自由設計

  • 工法説明

    厳しい自然条件に耐え抜く住まいを実現するためには…。自然災害に耐えられる強い構造が必要です。
    木の住まいに真の強さを求めて。
    近年、私たちが暮らす日本は、数多くの予測できない大災害に見舞われ
    住まいに求められる条件も様変わりしつつあります。
    いま求められる住まいとは?その問いかけに対し、パナソニック電工が出した
    答え、それが、木の住まいの持つ安らぎに、技術に裏付けられた「真の強さ」
    を加えたパナソニック耐震住宅工法テクノストラクチャーなのです。
    「長期優良住宅」に対応しています
  • 耐震等級3相当

    緻密な構造計算が証明する地震に強い家。高耐久のテクノストラクチャー工法採用。
    データに裏付けられた、強靭な住まい。
    テクノストラクチャーは、木造住宅の要となる梁と接合部を鉄骨で徹底的に強化した工法です。
    住宅性能表示制度の「構造に関する性能」で、最高等級を取得できる耐震性を誇ります。
    耐震等級3相当 性能表示最高ランク
    住宅性能表示で構造安全性能の等級3に適合するかどうか、パナソニック電工の構造計算によって確認した結果です。
    敷地条件やプランにより、等級が変わる場合があります。公式な性能評価には別途申請費用が必要となります。
    (地震保険で耐震等級割引優遇を受ける場合には性能評価が必要です。)
  • 構造計算書付き

    388項目にもおよぶ構造計算は、テクノストラクチャー工法の強さへのこだわりです。
    住宅にこそ構造計算。
    2階建ての木造住宅は、構造計算が義務付けられていません。
    しかし、パナソニックの耐震住宅工法「テクノストラクチャー」で建てる住まいには
    すべての家に厳しい「構造計算」を義務付け、
    独自の「自動躯体設計システム」で一棟ごとに災害シミュレーションを実施。
    トータル388項目もの強度チェックをクリアし、
    強さが立証された家しか建てられない仕組みをとっています。
  • 自由設計

    将来の間取り変更にもフレキシブルに対応します。
    強い構造がもたらす、オープンで自由な空間。
    テクノビームの強さがもたらすメリットは耐震性能だけではありません。
    強い梁の存在により、従来、柱や壁で支えていた空間を、
    よりオープンにすることができるようになりました。
    タテヨコに広いリビングやフリーウォールによるフレキシブル空間、
    テーブルが置けるワイドバルコニーを実現できます。
  • 構造計算書付き

    アクアフォーム
    水から生まれた環境にやさしい断熱材。
    水から生まれた環境にやさしい断熱材。
    水から生まれた環境にやさしい断熱材。
  • アクアフォームは、硬質ウレタンフォームを現場の水の力により発泡し、吹き付け施工する今までにない断熱材です。
    従来の繊維系断熱材は現場の施工部分に合わせてカットし、貼っていくため細かい部分に隙間ができてしまうことがありました。
    アクアフォームは硬質ウレタンフォームを現場で発泡し、吹き付け施工するため細かい部分にも隙間無く充填でき、
    接着性も高いため安定した断熱効果を得ることができます。

テクノストラクチャー

ぼくの家は、安心・安全がいっぱいの家づくりです。